● 浅田真央4大陸フィギュアSP1位

4大陸フィギュアSP



演技を終えた浅田真央さんに




柔和な笑みがもどりました。








練習で好調だったトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)に挑みました!




すこし回転不足のようでしたが




アクセル以外の部分は出来はとっても良かったとおもいます。




演技も柔らかく、とってもひきつけられました。



新しい衣装も水色のスカートのトリプルアクセルバージョンでよかったです。



「あれが跳べたらすごく満足できると思う。きょうの経験をフリーに生かしたい」とのこと。



これからが、楽しみですねぇ。



●浅田真央が逆転V!全日本選手権

asadamao、浅田真央、フィギュアスケート


真央さんの想いが伝わってくる演技でした。


すばらしかったです。


真央「お母さんが一番近くにいるという感じがした」
By Yahoo!


 来年3月にフランスのニースで開催される世界選手権の代表選手が発表されました。


浅田真央(中京大)、鈴木明子(邦和スポーツランド)、村上佳菜子(中京大中京高)。


男子は高橋大輔(関大大学院)、小塚崇彦(トヨタ自動車)、羽生結弦(東北高)。



浅田真央が逆転V! 鈴木が2位、村上は3位sportsnavi


全日本選手権女子フリースケーティング(FS)では、SP2位の浅田真央(中京大)が118.67点、合計184.07点で2年ぶり5度目の優勝を果たしました。



鈴木明子(邦和スポーツランド)が119.67点、合計179.27点で2位、



SP首位の村上佳菜子(中京大中京高)は、107.13点、合計172.69点で3位。


タグ:浅田真央

●浅田真央選手ロシアで優勝!グランプリファイナル出場決定!

浅田真央、フィギアスケート



浅田真央さん!



2011年グランプリシリーズ第6戦



ロステレコム杯2011[ロシア杯](Rostelecom cup 2011)



で優勝!グランプリファイナル出場決定、おめでとう!



12月9日からのカナダ・ファイナルが楽しみです。



1位:浅田真央(日本)183.25
2位:アリーナ・レオノワ(ロシア)180.45
3位:アデリナ・ソトニコワ(ロシア)169.75


女子シングル・フリー得点詳細


6位:今井遥(日本)154.76




 
タグ:浅田真央

●浅田真央選手ロシア杯SP首位!




浅田真央さん!



すばらしかった!



なにか、呪縛から解き放たれたようでした。



キレと強さを感じさせました。




タグ:浅田真央

●安藤美姫2位、浅田真央7位、1位キム・ヨナ 女子SP

石川遼、プロゴルファー、ゴルフツアー
●フィギュアスケートの世界選手権(ロシア)

女子ショートプログラム(SP)

金妍児(キム・ヨナ)韓国が


前回トリノ大会以来、1年1カ月ぶりの復帰戦


65.91点で首位。


日本勢 安藤美姫(トヨタ自動車)は安定した演技で65.58点をマーク、2位。


2連覇を目指す浅田真央(中京大)は58.66点で7位。


世界選手権初出場の村上佳菜子(愛知・中京大中京高)は54.86点で10位。


フリーでのがんばりに期待します!


2011フィギュアスケート世界選手権 写真特集

●世界フィギュアスケート選手権延期か中止!

スターズ・オン・アイス、フィギュアスケート


楽しみにしていた日本での


世界フィギュアスケート選手権


ですが、今の状況では残念です。


また、いつの日か日本に元気を


与えてくれることを期待しています。


●安藤美姫・浅田真央 世界選手権に向って!

スターズ・オン・アイス、フィギュアスケート




2011年四大陸フィギュアスケート選手権(台湾)


安藤美姫優勝!浅田真央2位!ともにすばらしい戦いでした。


世界選手権が楽しみです。


特に安藤美紀は 

 今シーズンを通して

   【完成度の高い安定した演技】&【女性の柔らかさ】で観客を魅了しました。




また浅田真央も今シーズンのベストを世界選手権に合わせ
 

      真央ちゃんらしさを取り戻してきたように思えます。よっかたです。









●浅田真央2011年四大陸2位!

浅田真央、スターズ・オン・アイス、フィギュアスケート
2011年四大陸フィギュアスケート選手権は、

国際スケート連盟の主催による四大陸フィギュアスケート選手権の2010-2011年シーズン開催


シニアクラスの男女シングル、ペア、アイスダンス種目が2011年2月15日から20日まで、


台湾・台北市の台北アリーナで開催された。


シングルは男女とも1位2位を日本勢が独占した。


写真(日刊スポーツ)

成績詳細


順位   名前    国名    SP    FS    Total
1 安藤美姫     日本    66.58  134.76  201.34

2 浅田真央    日本    63.41 132.89 196.30

3 長洲未来 アメリカ 59.78 129.68 189.46

4 レイチェル・フラット
  (Rachael FLATT) アメリカ 62.23 118.08 180.31

5   アリッサ・シズニー
   (Alissa CZISNY) アメリカ 58.94 109.87 168.81

6   シンシア・ファヌフ
   (Cynthia PHANEUF) カナダ 55.65 107.49 163.14

7   鈴木明子 日本 57.64 104.95 162.59


8   郭叙叶ョ[カク・ミンジョン]
   (Min-Jeong KWAK) 韓国 50.47 96.68 147.15

9   アメリー・ラコステ
   (Amelie LACOSTE) カナダ 50.06 87.42 137.48

10  チェルシー・リー
   (Cheltzie LEE) オーストラリア 48.94 79.18 127.90




広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。